スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
11月最終日
2009 / 11 / 29 ( Sun )
昨日はお友達みんなで手作り餃子パーティーやりました。
初めての皮作り。
餃子棒なるものを初めて手にしました!!!

まんなかを厚く、周りを薄く、そして丸くするのはかなり至難の業。

みんなでわいわい人をけなしたりしながらw作るのって楽しい。

私はへなちょこな形ばかりになってしまいましたが、焼いて食べたらとても美味♪
29.jpg

29-1.jpg



大人の集まりって食材凝ったり、飲み物が充実してるのがいい。

キャベツは自家製有機野菜、肉は「柿安」で黒豚挽肉買って来ちゃうところがさすがだけど、ちょうど肉の日(29日)だったから半額だったというのがほほえましい。

ビールは生ビールサーバー!

29-3.jpg

ワインも泡からはじまりイタリアの軽めのものやらブルゴーニュなど7人で6本きっちりあけて足りなかったくらい。

スープやチーズ、デザートまで充実していておなかっぱい。


楽しかったぁーとのんきにぐーたらしてたけど、明日から12月。
よく分からない期待と不安の入り交じる気持ち。
わかるかなー!!!! 汗


今日学校行ったら早速講師忘年会のご案内(回覧板)なんぞ来ていた。
都合が良い日を○してくださいって12月全部の日にちが書いてある。

数人駄目な日だけ×してある。

これってどうなの??

参加前提???
スポンサーサイト
23 : 41 : 26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ある女の存在証明
2009 / 11 / 23 ( Mon )
日曜日、昔からの友人が初ジャズライブを行うというので銀座まで行って来た。
すごく年も離れてるし、性格も全然違うけど、なぜか気が合った。


彼女は札幌出身で新劇の女優さん。
最近はもうあまり舞台に立ってはいないが、何度も舞台を見に行った。(難しいんだな・これが!w)

音楽は大好きだけど、音符が読めないの・・と嘆く彼女とよくライブに行ったり、飲みに行き色々な話をした。

強烈な個性の彼女。
結構なお年なんだけど、真っ赤な髪を腰まで伸ばし、服装も結構奇抜。
声はでかいし、顔を近づけて喋るから彼女と話す人はみんな腰が引けてる。

たぶん彼女のことを受け入れられる人と拒絶しちゃう人とはっきり別れると思う。
あたしなんてあまり嫌われないかわりに、すごく好かれもしないからそういう人に憧れる。
敵もいっぱいいるけど味方も強烈!みたいな。
いいよなーそういうの。正直に生きてる感じ。


いつもどっか痛いだのお金がなくてぴーぴー言ってるけど、心が豊かなんだと思う。
多少頭が固いところはあるが、演劇はじめ芸術すべてに対して真摯で真面目なところは尊敬してる。


そんな彼女が一年以上準備して人生初ジャズライブを行った。
私なんて店に行ってお客さんの顔見て曲を決めるが、彼女はプログラムを作り、丁寧に解説まで書いてある。
フライヤーも立派だし(生徒に激安でつくらせたという)、リハーサルを何度もして(ジャズは普段ほとんどリハしないからバンドはつきあわされて大変だったかもw)前日は緊張して眠れなかったという。
衣装は高円寺の古着屋で着物を買って自分でリメイクしたという。
とても派手で似合っていた。


タイトルの「ある女の存在証明」というのは、田舎に帰っちゃったんじゃないか?と死んだんじゃないか?とか入院してるんじゃないのか?という噂を聞き、「わたしは埋もれてるけどまだ東京にいるわよ!!」と存在を証明したかったらしい。


ライブはすごくよかった。
歌がうまく歌えたとかそういうことではなく、最初から最後まで彼女の世界だった。
真面目で不器用、でも一生懸命魅せようと努力し、仕事は丁寧。


存在証明きっちり見せてもらいました。
潤子さん かっこよかったよ!!!
13 : 59 : 56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
I'll be there
2009 / 11 / 21 ( Sat )
マイケル・ジャクソンの「This is it」観てきました。

やっぱ一流ってすごいなぁ

いい仕事を見せてもらったって感じ。


誰もが憧れるグレイトなスターになってもなお目標は高く持ち続け、自分のやりたいことを明確に表現し、それが世界の人たちに影響を与えるってどんな気持ちなんだろう。


舞台で歌って踊るマイケルは人間を越えた存在に感じた。


彼は生前、僕は一皿のスパゲッティだ。
みんなが手を伸ばして僕を食べ尽くそうとしてる。って言ってた。


貧困な幼少時代から見事に世界のトップスターに上り詰め、素晴らしい、自分を理解してくれる仲間と一流の仕事ができてもなお満たされない何か。


天国があるとしたら、そこでやっと彼は完結できるのかもしれないな。
15 : 53 : 34 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
枯葉
2009 / 11 / 19 ( Thu )
東京の紅葉といえば・・
行ってきました!神宮外苑銀杏並木。

子供の頃から行ってるけど、あのころは落ち葉を蹴散らして走り回るだけだった。
大人になった今は銀杏を愛でつつしっぽりワイン(また酒かよって声が聞こえてきそう・・)

CAFE SPEIRAのテラスで赤ワインをぶちまけたのに、グラスを満たして持ってきてくださってありがとう。いいお店!!爆

銀杏の次はもみじ。
先日仕事前に打ち合わせと称してベイシェラトンホテルの和食「木の花」でおいしいお食事をご馳走になった。

前菜三種盛りの上には鮮やかな真っ赤なもみじが飾ってありました。(あまりに綺麗で持って帰ったけど帰ったらしわくちゃになってた・・涙)


昔、音楽業界のとある方のお宅に遊びに行ったら、つまみが載せられたお皿の上に「拾ってきたの」と落ち葉が何枚か飾られていました。
その自然な振る舞いに感動したのを覚えています。
彼女はいつも独自の美意識をまとった素敵な女性で私のあこがれでした。

私も真似して落ち葉を拾おう!!爆



昨日は恵比寿の写真美術館にサルガド展に行ってきました。 
フォト・ドキュメンタリーの先駆者であり、今もなお精力的に新作を発表し続けているセバスチャン・サルガドの「アフリカ」展~生きとし生けるものの未来へ~。http://www.syabi.com/details/sarugado.html

今なお続く内戦、難民、砂漠化、飢餓、大量虐殺、病気の現実を目の当たりにしながら 時折感じるほほえみたくなる気持ち、そしてただひたすら美しい・・と思う写真。

「写真には説明はいらない」というサルガド語録通り、一枚の写真からたくさんのメッセージを感じました。


明日から3連休♪

■■告知■■

11月23日(月)調布BUNS(カフェバー)
http://gourmet.walkerplus.com/108028540004/
0424-87-1735 調布市布田1-45-6 調布駅東口徒歩1分
小林創(org.)日高弘(Drs.)中野渡章子(vo.)
strat 6:30 2tage チャージたしか\1000(1ドリンク付き)

良かったら遊びに来てください。
枯葉歌うかも♪
17 : 50 : 42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
メバリング
2009 / 11 / 14 ( Sat )
昨夜 赤坂のカナユニというレストランで歌っていたら 知り合い(たぶん偉い人)のおかぴーが来てくれた。

久しぶりの再会を喜び、艶っぽい話をしてたと思ったら突然「あきちゃん、最近釣りしてないんじゃない?」と言われた。

うぅ・・・たまに行ってるけど、ぼうずだ・・
寒いし・・・汗

最近色々な人と釣りの話をして釣り熱は上がっていたけど、海釣りって結構時間とか準備なんかがあってなかなかいけないんだよね。


こないだ四谷の釣り堀にアタリを確かめに行ったくらいだった。
(鯉はつれたよ!!余裕だよ)
mebaru2.jpg




思い立って今夜暖かいから横須賀行ってきました!
やっとめばる一匹・・・w


帰宅して内臓を出して塩してグリルに入れてもまだ暴れてた・・・怖


mebaru.jpg


焦げすぎ?

おかぴー 釣ったよ!!


05 : 48 : 41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
昼飲みアルマーニ
2009 / 11 / 12 ( Thu )
11月になって寒くなってきました。
懐具合が・・爆


先日ワイン仲間と銀座アルマーニのリストランテ行ってきました。
お誘いだけでちょっとテンションあがりましたねーw

使う食器から内装に至るまでジョルジオ・アルマーニがデザイン。
なんでもやってるのね、ジョルジオったら。

シャンパンゴールド基調でなかなかゴージャス。
でも悪い意味でのスノッブな雰囲気は全然しなかったな。


前回たくさん飲んで目をつけられた(笑)ともちゃんのおかげで、つぼを心得たソムリエさんがグラスで色々なイタリアワインを楽しませてくれました。

味見して(テイスティングともいう)、やっぱりこれは好きじゃないな・・・やっぱりさっきので、などというわがままにも快く答えてくださった。爆
あたしバルバレスコてかネッビオーロが苦手かも。
でももっと色々飲まなきゃ分からないわね!!!

中には他には輸入してないワインも。

その中の一つ、南イタリアのどっしりとしたシャルドネとからすみのパスタが印象的だった。

デザートのフォンダンショコラもおいしかったな。
熱いのと冷たい組み合わせ好き。
焼きたてアップルパイとバニラアイスとか、タルトタタンとバニラアイスとか。(冷たい相手はバニラアイスに限る)


ランチだったので食後酒まで飲みかなりゆっくりしたのに店をでたのがまだ夕方!

銀座の飲食店がオープンしはじめる雰囲気の中ですでにほろ酔いというのは実に楽しい。
みんな「買い物して帰るー」と別れたのだが、ちゃんと買いたいものが買えたのだろうか?w


昼(しっかり)飲みだと時間的に夜も普通に飲めて(仕事にも行ける)時間が有効に使えるな。


そうよ!時間は有効に使わなくては!!
昨夜 歌ったスタンダードナンバー「As long as I live」の歌詞にもある

Life isn't long enough, baby !!!


00 : 45 : 12 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ビストロ サンファソン
2009 / 11 / 11 ( Wed )
一時期流行ったスローフードという言葉。
言葉はあまり耳にしなくなったが、その精神は確実に広まっていると思う。

スローフードとはイタリアからスタートしたNPO運動のことで指針としては以下の3つが挙げられるという。

1.伝統的な食材や料理、質の良い食品やお酒(ワイン)を守る。
2.質の良い素材を供給する生産者を守る。
3.子供を含めた消費者に味の教育を進める。


昔は手作り=下手=でも頑張ることに価値がある、と思っていた。
学生時代につきあってた彼に手編みの手ぶくろを編んだが(生まれて初めて しかも私は不器用です)、ぶかぶかで「なんで鍋つかみ?」と言われた苦い記憶がある。

が、いまや造り手の見える「もの」は非常に贅沢品だと思う。


ワインが好きなので毎日のように飲んでいるが、ワインの面白いところは場所や創り手によって同じ銘柄であっても違いがあるというところ。

そして良いレストランは、産地のはっきりした食材を季節によって厳密に選び、大切に素材の味を生かすというところが共通しているのだろう。


丁寧に手間を惜しんで造った料理には人の気持ちを優しくさせる要素が含まれると思う。

生きることは食べること。
口にするこちら側もすべてをしっかり受け止めたい。


おいしいものって・・・?と突き詰めると環境問題にまでいきつく。


そんなことを思い直すきっかけになったお店

高くなくてもきちんとおいしいフレンチのお店です。



綱島ビストロ「sans facon」http://sansfacon.mond.jp/


20 : 05 : 02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
いつも何度でも
2009 / 11 / 01 ( Sun )
千と千尋は関係ありません。

近頃寝てばかりいる。

夜早く寝て朝も遅く起きてお昼寝までしてもまた夜すぐ眠れる。

世の中には眠れないというの人が多くいて、寝る為に必死になっているのに申し訳ない気分。(思ってないけど)


しかし惰眠ってよくないね。夢を大量に見る。
非常にリアルなんだけど、内容はめちゃくちゃで最後はほとんどといっていいほど困ってる状況ではっと目が覚めるので非常に目覚めが悪い。


先日歌ってる店に藤沢の内科のお医者さんが来てくれたので、今流行のインフルエンザについて色々聞いてみた。

あれって熱でてもすぐ行っちゃだめなんだってね。
24時間後から48時間以内だって。
あまり早いと判定できないらしい。

パンデミックだから早くかかっておいた方がいいよだって・・・汗


最近、仕事で日本の歌歌おうかなぁなんて思ってる。
英語の歌ばかり歌ってきたけど、今更だけど日本語の歌詞ってやっぱりストレートに心に響いて良いなぁと。

月に何度か出演してるリックスカフェって店でこないだお店のエリちゃんって女の子の誕生日に、関内にあるハートアンドソウルの原さんが遊びに来て「いとしのエリー」を歌っていた。

私もレイチャールズバージョンでよく歌ってるけど、日本語で聞いたのは久しぶり。
2番の最初、「あなたがもしもどこかの遠くに行きうせても、今までしてくれたこと忘れずにいたいよ」

なんかここで思わずぐっと来てしまった。


大人になるって色々な経験をして、歌詞に具体的な思いを重ねられるって事なんだと思う。

音楽も文学も映画も美術もどこまで自分に引き付けて感じられるかだと思う。
そして素晴らしい作品は何度でも新しい発見がある。


昔から知ってたのに「今知った!」って事、いろいろな場面であると思う。
音楽もだけど、親しい人なのにこんな表情するなんて知らなかった・・とか! w


いろいろな場面といえば、こないだお客さんに教えてもらった沢田研二の「いくつかの場面」という曲。

ジュリーなんてトキオしか知らなかったし、おまけに金髪の小太り(失礼!)だったけど、youtubeで見ながらもらい泣きしちゃった。
あれはジュリーにしか歌えないと思うので、リクエストは却下です。


昨夜 野毛のジャンクに行く予定だったけど、もう席ないよ!とてらてらからメールが入ったので急遽釣りに行ったけど、全然連れなかった・・・涙

夜釣りの寒い季節になりましたな。


千と千尋の油屋みたいな温泉宿いきてーなー!!!
16 : 27 : 51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。