スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
大人体験
2010 / 04 / 28 ( Wed )
右の扁桃腺が腫れていたいと思っていたら、右の親知らずが痛み出した。
少しだけ歯が出てる。

鼻水もだらだらと出始め、これは風邪ですかね?

愛用のプロポリスを鼻から入れてみた。
炎症が起きてるのは鼻から喉にかけてだからうがいをしても届かない部分。

うぉおおおお 焼けるような痛みがして効いてる感じ。

喉が痛み出して3日目、歯の痛みはなくなってきたが喉はまだ飲み込むと痛い。
鼻水もまだ出て鼻の下が痛いのでコンビニでカシミヤティッシュを買った。


歯が痛いと食欲がなくなるが、昨日初めて渋谷の立ち食い寿司屋に入った。

マイミクのまちゃこさんは青山のブルーノートや新宿パークハイアットのニューヨークバーに行ったとき「大人になった」と思ったらしいが、私は立ち食い寿司屋や小汚い居酒屋でまめもやしなんぞ頼んだ時に「くー!あたしもついに大人になったな」と思う。

滞在時間は20分位だったと思うが、ビール飲みながらあれこれ注文しかなり満喫した。お鮨美味しいし!
次から次へとおじさんが入ってくるのも見ていてなかなかおもしろい。


連休中も早く風邪直してもっと大人になりたい。
スポンサーサイト
18 : 45 : 46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春野菜ラブ
2010 / 04 / 24 ( Sat )
先日学校のお昼の時間、ある先生がタケノコをお弁当にもってきていた。
自分で掘ったものらしく、タケノコ堀の奥義?を熱く語っていた。
タケノコは地上に出た時点でもう遅く、土が微妙に盛り上がってるのを見つけて掘るんだってね。
トリュフは豚に探させるが、地下にあるタケノコを探せる動物っていないのだろうか?

「あたし今年まだタケノコ一回も食べてないなー!!!」と言ったら、となりの先生が「うちなんて頂き物がいっぱいで毎日タケノコづくしなのよ」と翌日お口にあえば良いのだけど・・とタケノコ飯と茹でたタケノコを下さった。

うっほほーい
茹でたタケノコで大好物の若竹煮を作った。

うちのタケノコご飯は油揚げや鶏肉やなにやら色々具が入ってお醤油味だから茶色いんだけど、いただいたご飯は真っ白でタケノコとしらすが入ったものであった。
珍しいよね?

そして翌日実家に帰ったらタケノコご飯が大量につくってあった・・w
タケノコ大好きだからいいけど。


こないだ六本木にボストン美術展を見に行った帰りに渋谷で食べたシシトウのにんにく炒めシンプルでとてもおいしかった。
でも旬はもう少し先なのかな?


昨日はブルーノート東京にジョヴァンニ・ミラバッシトリオを聞きに行った。
なんと洗練されていてレベルの高い演奏なんでしょう。
クラシック音楽を聴いているようだった。
ミラバッシも素晴らしいが、ドラムのレオン・パーカーがやばかった。
映画ワイルドスピードマックスのヴィン・ディーゼルみたいなワイルドな風貌であんな知的なドラムを叩くなんて。

やっぱジャズってリズムなのね。リズム・・・

最近音楽の聞き所が変わった。
他のジャンルの音楽とジャズの違いを真面目に考えて聞くようになった。(今頃?)


話は食べ物に戻るが、ブルーノートで食べたホワイトアスパラおいしかったなぁ。
春って野菜に合わせてリースリングとかシャルドネがいいね。
まぁ他のも飲むけど。


こないだバーでトイレに行って出てきたら「早っ!!女とは思えん!!」と驚かれた。

早飯早尿芸の内  爆
00 : 56 : 20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フィルムに刻まれた音魂たち
2010 / 04 / 21 ( Wed )
天気のいい昨日、新宿まで飛木恒一郎写真展「フィルムに刻まれた音魂たち」に行っ
て来た。

1970年代からロック・シーンの第一線でステージ撮影を手がけ、以降30余年にわたっ
て国内外を問わず数多くのトップ・ミュージシャンを撮り続けてきた写真家、故・飛
木恒一郎。彼の遺作展。

ロック好きにはたまらないと思う。
あまり詳しくない私でも、知ってるミュージシャンの躍動的な写真からまるで音が聞
こえてくるように感じた。

そしてジェフ・ベックやマイケル・シェンカーの写真を見ては「あーコレあの人見たら
喜ぶだろうな」と色々な人を思い浮かべてた。


飛木さんの奥様やおもしろい写真家たちを紹介して頂いた。
写真はそこで出会ったジョン・チーズバーガーさんhttp://sexytiger.orgに撮ってもらったもの♪

こんな風にして送ってきてくれるなんてイカすわよね。(死語?)

john_convert_20100422095322.jpg



john2_convert_20100422101035.jpg


john3_convert_20100422101350.jpg
15 : 08 : 49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
異文化交流
2010 / 04 / 15 ( Thu )
気温差の激しすぎる毎日・・
これに負けじと気持ちや行動も激しく変化させてる今日この頃。

今日は朝からパットメセニーのFirst CircleのYoutubeを見ながらエイリアンについて考えてる。

先日映画「第9地区」を観た。
ほとんど選ばないジャンルの映画。(アバターも見てない)
良いか悪いかは別としてなんだかものすごい見応えがあったのは確かだった。

疑似的なドキュメンタリーのことをモキュメンタリーっていうらしいけど、見終わった後、変なリアルさに奇妙な気持ちになった。

SF映画なんだけど、レンタルビデオ屋のジャンル分けは「ヒューマンドラマ」の場所に置いてもらいたい感じ。



昨日は最近仲良くなったトミー・キャンベルのボーカルレッスンに行ってきた。
彼はバークリーで4年間教え、日本でもドラムだけでなく多くのボーカルを教えている。

最初に渡されたのがパットメセニーのfirst circleの譜面だった。
イントロの8分の22拍子のリズムを何度も練習した。(慣れるまで超難しい!!!)

譜面を見ながらどんんどん拍子が変わるのをリズムを叩きながら追う。
その中でリズムを大きくとったり細かくとったり。

これからはコンサートでイントロのハンドクラップを得意げに出来るわ!!!


これは単に脳の活性化ということで、その後は彼の曲を使ってimprovisationの練習。即興といってもメロディーは決まっている。(聞いて覚える)
言葉(英語)を即興で決められた数に合わせて付けていく。

レッスンは全て英語だから英会話のレッスンにもなるし、発音もその都度直される。

歌詞の内容から曲のイメージをふくらませること。
かなり長時間のレッスンだがリラックス出来る雰囲気の中、色々な勉強になるのですこし定期的に通おうと思います。

夜は仕事だった。
お客さんのHちゃんが持ち込んだシャサーニュ・モンラッシュのご相伴に預かり、浮かれながらもwとrの発音を注意深く歌ってみた。


エイリアンも人の気持ちが分かると知った今、他の惑星の人?と交流をもつことはできないからせめて同じ地球に暮らす様々な国籍の人と関わり合い、楽しく生きていきたいと思う。(大袈裟)
15 : 18 : 28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ここは何処?私達は何処へ?
2010 / 04 / 11 ( Sun )
土曜日 横浜の泉区にあるCafe de DA.LAhttp://www.da-ra.com/index.htmlというところでライブを行った。

ぶしつけ本番!
今月号の「YOKOHAMA SEASIDER MAGAZINE」の表紙(写真)にもなった、野毛ルタンのオーナー三橋さん作詞のオリジナル曲ライブ
http://www.yokohamaseasider.com/

cover.jpg



昼2時に現地集合
初めて降りる駅(いずみ野駅)、農園と緑が広がる人のいない道で不安になりながらもたどり着くと、手入れされた小道の先に素晴らしい異空間が待っていた。



dara.jpg



思わず空気を思いっきり吸ったら畑の香水が・・苦笑


淡々と進んでいったお話とライブ。

不思議おもしろ空間だったと思う。



今後のぶしつけ本番ライブの予定:

6月26日(土)
MGGサーカスベランダ・蛍の夕べ
足柄上郡松田町寄5855
18時開演予定
問い合わせ090‐2466‐5293三橋

8月9日(月)
蔵の里21世紀シアターフェスティバル
福島県喜多方市文化センター (夜の部)
問い合わせ090‐2466‐5293三橋


ぶしつけ本番vol.1「大道芸人」
ぶしつけ本番vol.2「黒猫チャロ」 アルバム2枚 好評発売中♪

私達はこの先どこへ向かっていくのだろう? 謎
01 : 27 : 56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Body and Soul
2010 / 04 / 05 ( Mon )
ボディアンドソウルというスタンダードナンバーがある.
(speedじゃないよ?)

連れ去ってさえくれれば私はすぐにあなたのものよ
喜んで捧げるわ
身も心も♪

タイトルと同名の青山にあるジャズクラブに土曜日花見の後行った。

先日遊びに来てくれたドラマートミー・キャンベルが招待してくれたのだ。
彼がプロデュースするバンドとボーカルセッション

彼の生徒?だという2人は難しくアレンジされた曲をこなしていた。

完璧にバンドアレンジされてあって、その中でまわされるソロはそれぞれインスパイアされ高まっていく。

歌のスキャットもボイスパーカッションあり、管楽器よりピアノのアドリブに近いリフ、さしずめリストの超絶技巧といった感じだろうか。
ある意味曲芸をみているようだった。


聴衆の3分の1くらいが外国人で、3分の2くらいの人が英語を理解できるといった感じですべて英語で行われたライブ。
途中ミュージカル仕立てになっていたが台詞(アドリブも含めて)全部英語だった。

ジャズというカテゴリーにははまらないものであったが、私は今までのジャズボーカルの概念が変わった。

一昔前のように、ドレスを着た痩せた女(イメージね)が気だるく日本人向けにうまくない英語でジャズを歌う時代は過ぎ去ったわね・・・


人間練習すれば難しいことできるようになるんだなぁと。
昨日話をしたピアニストが言っていた・・
「他の楽器に比べてボーカリストは勉強しなさすぎる」


難しいことにチャレンジしたくなってる今日このごろ!!

身体と気持ちを甘やかしてばかりいてはいけませんな。

やる気スイッチ入りました☆
ありがとう トミー!!!

写真はボーカルの伊藤大輔さんと山口有紀さん

0022.jpg



■■告知■■
4月7日(水)菊川なぁ~じゅ(ライブハウス)
http://www.d1.dion.ne.jp/~nage/
03(3635)8366 江東区森下5-20-3 2階(苅谷動物病院隣)
小林創(p.)加藤人(b.)日高弘(Drs.)中野渡章子(vo.)
ミュージックチャージ¥2000 20:00~ 3stage

お時間ある方是非★
20 : 57 : 03 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
横浜・大岡川桜満開クルーズ
2010 / 04 / 03 ( Sat )
桜が満開になった昨日、ワイン会の仲良しメンバーとお花見クルーズを行った。

その名も「横浜・大岡川桜満開クルーズ」!
http://www.yokohama-cruising.jp/event/sakuracruise.html

お世話になってる方もいるかも知れない・・・
大岡川沿いというのはいかがわしい店が多いが、両側から垂れ下がった桜が最高に綺麗である。

出航場所が横浜大桟橋だというので、飛鳥と同じ場所からの出航!!??と期待してたら、だいぶ手前のそばうどんを食べれる小屋(失礼!)からだったw

はっきり言って漁船のようで笑えたが、持ち込みOKということでワインとお菓子持参でいざ出航!!


43.jpg

さすがワイン会メンバー
漁船(違うか)の中、桜を愛でながらプラスティックコップ飲むシャンパン(コルドン・ルージュ)、コッポラソフィア、サシャーニュモンラッシュは なかなか楽しい体験だった。

43-4.jpg



しかしこの花見クルーズ初めて乗ったが、こんないい物があるとは知らなかった。

大岡川は狭いながらもたくさんの花見船が行き交い、カヌーの人なんかもいて手を振り合ったり、黄金町の方では川沿いに露店が出店し、川の方を向いて沖縄の楽団?らしき演奏もしていた。

43-3.jpg


43-1.jpg

43-2.jpg


そしてなにより川から眺める桜は格別である。
これで1時間2000円はかなりお得だと思う。

船を下りた後は予約してあった横浜東口のWine Banque CRUへ
お得なランチを食べ、またワインを飲み、会計を間違えられたりして盛り上がったりしながら解散♪w


また来年も乗りたい。
おすすめです!!

43-5.jpg

16 : 20 : 28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。