スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
秋空を見て思う
2010 / 11 / 07 ( Sun )
さすが11月にもなれば夜は寒いけど、一時期の寒さも遠のき、秋晴れが続き紅葉もきれい。

テラスで飲んでたら夕方になって寒くなっちゃうこの季節が好き。


先日、母の所属してる合唱団の演奏を聴きに品川教会までに行ってきた。
高い天井、立派なパイプオルガンのある大きな教会で聞くグノーのミサ曲!!
何度か寝た・・・

帰りに父と一緒に横浜に戻りいつもの寿司屋へ。(野毛にある掘立小屋)
「初しぼり」おいしかったなー

普段あまり飲まない日本酒を2日連続で飲んだ。

翌日はあるお宅でのホームコンサート。
歌い終わった後、またお寿司とおいしい日本酒をいただいた。


呼んでくださったMさん、数年前に次男を、そしてその後奥様を不慮の事故で突然失ったのだという。

リクエストをたくさんしてくださった。
その中の「la vie en rose」は亡くなった奥様と結婚する前に、初めてプレゼントしたレコードなんだそう。涙

これはリクエストではなかったが、チャーリーチャップリンの「smile」を歌った。
どんなに悲しいことや苦しいことがあっても笑顔でいよう。
そうすれば人生は生きる価値があるということをきっと知ることが出来るから・・という内容の歌詞。

Mさんやその息子さんや娘さん(コンサートを手伝ってくださった)は想像も出来ない悲しみを乗り越えたんだと思う。

大好きな歌なのでいつも歌う時に説明してる歌詞の内容だが、昨日は言うのを少しためらった。
身近な人の死を体験をしたことのない私なんかが軽々しく言ってはいけないような気がしたから。

本当に辛いことがあった時 自分は笑えるだろうか?


最愛の人を失った悲しみを癒すことの出来る音楽って何だろう?

今のところ思い浮かばないけど。
スポンサーサイト
03 : 40 : 49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<親友のこと | ホーム | 社交辞令とフットワーク>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://allure.blog6.fc2.com/tb.php/655-0a38511f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。